HOME>アーカイブ>具体的な専攻は情報収集をすることが重要です

卒業生の進路に着目する

描く人

アニメの専門学校を選ぶ上で重要なのは、やはり卒業生の進路状況はひと通り見ておきたいところです。特に、専門学校というところは、卒業後は就職することが大前提となっているので、就職に強いに越したことはありません。また、有名なアニメスタジオへの就職者を輩出しているところは、それだけ実績がある学校だと判断されます。ホームページ上にアニメの分野で活躍している卒業生のインタビューなどが掲載されているところは、卒業後の進路にも自身のある学校だと判断できます。実績を自信を持って紹介している専門学校は、将来性と業界へのコネクションのある学校であることの表れであると言えます。

専攻や特性を知って進路を決める

絵を描く

現在、中国や韓国でもアニメ産業が急成長していることを受けて、日本の文化とも言えるアニメに力を入れている状況です。そのような状況の変化から、アニメ専門学校では学科を増やし、将来のアニメ業界を担う人材の育成に注力しています。専門学校によって特色のある専攻や特性を有しているので、オープンキャンパスに参加して実際どのようなことが学べる環境であるのかを知ることは大切です。そのうえで、自分の進むべき進路を選ぶことが重要なのです。

講師陣の経歴を事前にチェック

絵コンテ

専門学校で教鞭をとる講師陣は、アニメ業界の先輩とも言える存在です。アニメ業界で仕事をしていた経験があるため、その経験に基づいた指導を受けることができます。ついつい何を専攻するかに気を取られてしまいがちですが、講師陣の経歴は事前にチェックしておきたいところです。優れた人材をいち早く見つけ、業界への橋渡しをすることも講師に課せられた重要な役目です。どんなパイプを持っているのかを知っておくと良いでしょう。

広告募集中